スポンサーサイト

  • 2013.02.28 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2011 F1日本GP

    • 2011.10.11 Tuesday
    • 23:23

    (パレードランにて。トゥルーリの持つ日本の国旗には「We pray for Japan」の文字。)

    F1のチケットを買ったのは、去る3月27日(日)、午前10時。販売開始の時刻である。
    10時きっかりにモビリティステーションのサイトにアクセスを試みたが、重すぎて繋がらず。3分後にようやく繋がった時には
    既に目当ての安い席は完売御礼状態。仕方なく3万円のQ1席を購入したのだった。
    そんな感じで、F1の人気席を取るというのは結構難しい。(ちなみにQ1席も間もなく完売した。)
    鈴鹿改修後、全ての席が指定席となり、安い自由席が消え、とても気軽に行けるような値段ではなくなってしまったが、
    その代わりとして、観客の数も大幅に減少したのは正直、嬉しい話である。
    日曜日でも、人でごった返して身動きが取れなくなるという程の混雑もない近年の鈴鹿は、
    シューマッハーが引退する年にピークを迎えた、あの異常なまでの加熱振りを忘れてしまったかのように見えなくもない。

    言い換えれば、秩序が保たれているとも言える。色々と制限が増えたのを良く思わないファンも少なくないが、
    これも時代の流れなのかもしれない。以前に比べれば、格段に女の子にも優しいイベントとなった。
    雨が降ったら話は別だが、そうでなければ多少体力を消耗するだけで、男女ともに十分楽しめると思う。

    今回一緒に行ったSも例に漏れず。普段はテレビでF1を見ることもないSだが、
    辛うじて小林可夢偉と「ジュースの」レッドブルだけは知っていた。
    そんなわけで、サーキットに到着して早々、Sは可夢偉のパペットマペット人形とレッドブルの帽子を購入し、
    なぜか私もレッドブルの帽子を買うことになって、私達はいかにもミーハーな観客となった。

    この時期、鈴鹿市内のホテルはすべて、関係者が数年先まで予約を取っていると言われ、
    また四日市はおろか名古屋でさえも、安いホテルはほぼ満室状態である。そのため、私は刈谷のホテルを取っていた。
    電車での移動や徒歩での移動が長く、ある意味体力勝負でもあるF1観戦だが、
    私もSも、それほど疲労困憊というわけではなかった。・・・のだが。
    土曜日の夜は名古屋で焼肉&飲み放題。ビールも立山も凄く美味しい。
    これで酔っ払いになった我々は、名古屋駅のロッカーに着替え等の荷物を入れたままなのをすっかり忘れて刈谷に到着。
    気付いたのはホテルの部屋に入ってからだった。2人そろって馬鹿ですね、はい。
    そんなアクシデントを適当に乗り越えて、日曜も決勝を観戦。途中で切り上げて、名古屋駅へ。Sを見送った。

    スポンサーサイト

    • 2013.02.28 Thursday
    • 23:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      categories

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM